うちはイズナ

2019年2月16日うちは, 万華鏡写輪眼, 木ノ葉隠れ

うちは一族の忍であり、うちはマダラの弟。父はうちはタジマ。
万華鏡写輪眼の開眼者。
千手扉間の飛雷神斬りによってできた傷がもとで死んだ。
柱間曰く、サスケの見た目はイズナによく似ている。

人物

少年時代

イズナ対扉間
イズナ対扉間

戦乱の時代、5人兄弟の内の一人として生まれた。5人兄弟の内3人が千手一族の戦いの中で殺されている。
兄のマダラと同じく忍の才に恵まれており、よくマダラとは技を競い合っていた。
マダラが柱間と会っている事を知り、柱間を罠に嵌めようとした時は父・タジマと共に千手仏間&扉間と対峙した。

マダラと同じくらいの頃に写輪眼と万華鏡写輪眼を開眼している。
時代は流れマダラが一族の長となった後の千手一族との戦いの中、扉間の飛雷神斬りを食らってしまう。
傷を負ったイズナに駆け寄っていったマダラに柱間は「お前じゃ俺には勝てない。こんな戦いはもう止めにしよう」と和解を申し出るが、この時イズナは「騙されるな兄さん。兄弟がこいつらに殺されたのを忘れたの」とマダラを引き止めている。
先の戦いの傷は深く、死を悟ったイズナは死の間際に一族の未来と眼をマダラへと託した。

強さ

強者揃いであった戦乱の時代、うちは一族の中でも兄・マダラと同じく才能が抜きん出ていた。
永遠の万華鏡写輪眼を開眼する以前のマダラとは同等の強さであった。

忍術

うちは一族のため火遁を得意としていた。千手扉間の水龍弾の術と相打ちの豪火球を見せている。
卓越した剣術スキルも持っていた模様。

瞳術

マダラと同じくらいの時期に写輪眼を開眼している。
扉間との戦いでは霧の中でもクナイを見切って躱したが、直後の飛雷神斬りによって重症を負っている。

イズナの万華鏡
イズナの万華鏡

万華鏡写輪眼の開眼者である。
どのような能力だったのかは明かされていない。