大蛇丸

2019年2月18日, 音隠れの里三忍, 抜け忍, , 木ノ葉隠れ, 音隠れ

木ノ葉隠れの里の抜け忍であり、音隠れの里の長。
数々の人体実験や世界各地で犯罪行為をしており、元暁のメンバーでもあった。
三代目火影・ヒルゼンを師匠に持つ。弟子にみたらしアンコ、うちはサスケがいる。
サスケに一度殺されるが、チャクラ体としてサスケやアンコの中で生きており、アンコの呪印から復活。屍鬼封尽の封印を解くため人柱になったがその直後に白ゼツの身体を乗っ取って死を回避している。

人物

少年時代

ヒルゼン班時代
ヒルゼン班

自来也・綱手と共に猿飛ヒルゼンに師事する。幼い頃から天才と呼ばれ、ヒルゼンからも忍としての将来を期待されていた。
戦争で両親を亡くしており、両親の墓で脱皮した白蛇の抜け殻を見つけ、ヒルゼンから「白蛇は幸運と再生の象徴」と聞いてからはそれをお守りとして大事にしていた。
綱手によると、子供時代から歪んだ思想は持っていた模様。自来也は、辛い記憶から逃れるためにその道に堕ちていった、と推測している。

第二次忍界大戦

大戦中、自来也・綱手と共に雨隠れの長・半蔵と戦っている。半蔵は自分と戦い生き延びた3人を「伝説の三忍」と呼び称えた。
雨隠れから木ノ葉に帰る道の途中、3人の戦争孤児に会う。悲惨さに見かねた大蛇丸は殺すことを提案したが、自来也は「こいつらが独り立ちできるまでワシが面倒を見る」と言いその場に残った。
この戦争中、縄樹は大蛇丸の目の前で死んでいる。他にも数々の死を目の当たりにし、「人はなんて壊れやすいモノなの…」と不老不死への執着を強くしていった。

四代目火影候補

ヒルゼン班が解体された後、大蛇丸は暗部の根に入隊した。ダンゾウが孤児院で働いていた薬師ノノウに土隠れ潜入の任務を言い渡す際には同行している。
四代目火影の座を狙っていたが思想に問題アリということで、四代目火影には波風ミナトが選ばれた。この事は大蛇丸が里を抜ける決定的な要因となった。

実験や研究

八尾の開放
八尾の開放

雲隠れに潜入し、人柱力であるブルービーの中の八尾を暴走させ、雲隠れの里に多大な被害をもたらした。八尾の暴走の後、ブルービーのDNAと八尾の角を入手している。

木遁を使える忍を生み出すため、60名ほどの子供を使い柱間細胞の実験をしている。これにはダンゾウの手助けもあった。大蛇丸はこの実験は全て失敗に終わったと思っており、唯一の生き残りがいる事に気付くのはだいぶ後になってからである。
霧隠れの外れでかぐや一族の生き残りである君麻呂を発見する。君麻呂の友達であった重吾とも出会う。重吾の力のルーツについて調べていたところ龍地洞を発見し仙術の修行をしているが、完全な仙人モードにはなれなかった。そこで、呪印を通して仙術チャクラの力を発揮させる方法を開発する。その呪印術はみたらしアンコやいくつかの実験を重ねた後、君麻呂や音の四人衆やうちはサスケに与えられることとなる。
木ノ葉近辺の地下で生活しているイブリ一族を発見し、同一族の持つ煙になるという血継限界に目をつけた大蛇丸は実験体として利用した。
熟練の忍でも難しい危険なクナイ修行を完璧にこなしているまだ幼かったうちはイタチを見て、うちは一族への羨望を吐露している。

里抜け

ダンゾウから、岩隠れにスパイとして潜入しているカブトとノノウを始末しろとの命を受ける。優秀なスパイであり情報を知りすぎた彼らは今や目の上のたんこぶとなっていたのだ。
しかしカブトの才に目をつけていた大蛇丸は、後に音隠れの里となるアジトにカブトを招き、根から受けた任務やノノウの全てをカブトに明かした。
初めは錯乱していたカブトだが、「この世の全てを知れば自分で何者であるか導き出せないはずがない」を始めとする大蛇丸の思想に心を打たれ行動を共にすることを決めた。

木ノ葉では以前から行方不明が続出していた。大蛇丸の行動を不審に感じていたヒルゼンは、とうとう大蛇丸の実験場を突き止め、不老不死の研究をしていた大蛇丸を包囲した。
この場で殺さねば後々更に厄介なことになるとわかっていたヒルゼンであったが、かつての愛弟子だけに手を下しきれず逃亡を許してしまう。
逃げる途中ではたけカカシと対峙している。弱った大蛇丸を仕留めるチャンスだったが、殺気に身がすくんでしまい失敗に終わっている。
自来也からも引き止められ戦闘になっている。

暁時代

イタチと大蛇丸
対イタチ

里抜け後、暁に加入している。加入の際にペインとサソリと力試し程度ではあるが戦っており、ペインが弥彦であることに気づいている。
暁加入後はサソリとツーマンセルで行動していた。うちはイタチが暁に加入してきた時は喜びを顕にしている。
後にうちはイタチの身体を乗っ取ろうとするが、イタチの瞳力の前に為す術無く返り討ちにあっている。カブトに救われ何とかその場から撤退し、直後に暁から脱退した。
脱退した大蛇丸の情報を探るため、サソリは薬師カブトに潜脳操砂の術をかけ大蛇丸の元へスパイとして送り込むが、大蛇丸はカブトにかけられていた潜脳操砂を見抜き解術して逆にサソリの情報を得ていた。

木ノ葉崩し

木ノ葉の中忍試験に潜り込み、サスケに呪印を与えている。
砂隠れと音隠れが組み計画した「木ノ葉崩し」を中忍試験本戦中に決行し、三代目火影・ヒルゼンと戦った。初代と二代目火影を穢土転生し優勢になるが、ヒルゼンの決死の屍鬼封尽によって腕を封印され術を奪われた大蛇丸は撤退を余儀なくされた。
木ノ葉に甚大な被害を与えられたものの計画が失敗に終わった大蛇丸は、術を取り戻すため綱手と会うことに決める。腕を治せば穢土転生で弟とかつての恋人に会わせてやると交渉を持ちかけるが断られ、自来也も駆け付けたことで大蛇丸VS綱手&自来也の三忍での戦いを繰り広げた。

うちはサスケ

かねてから欲していたうちはの身体を手に入れるため、音の四人衆にサスケを連れてこいと命じた。
イタチへの復讐や急速に成長するナルトに焦りを感じ、力を欲していたサスケは半ば自分から進んで大蛇丸の元へやってきた。
この時期、屍鬼封尽によって封印された腕の痛みに耐えきれずサスケの到着よりも先に不屍転生をしてしまっている。そのため、器としてサスケの身体を使用するには3年待たなければいけなくなっていた。

第七班との交戦

サスケ奪還のためにやってきたヤマトを隊長とする第七班と対峙した。この時、かつての柱間細胞の実験体に生き残りがいた事を初めて知り驚いている。
大蛇丸を目の前にして憎しみが膨れ上がり自我を失い尾が四本目まで出た状態のナルトと術の無い状態で戦ったが、お互い決着はつかないまま撤退した。
その後アジトを突き止めて追ってきた第七班がサスケを見つけ一触即発となるが、第七班には少しでも多く暁を始末してもらいましょうとサスケを諭して制止し、その場は撤退した。

死と封印

真の姿
本当の姿

以前不屍転生した身体との拒絶反応が出てベッドで寝込んでいるところをサスケに襲われる。
本当の姿を見せ、自身が作り出した空間でサスケとの不屍転生の儀式を始めようとするが、サスケの写輪眼の瞳力によって空間が支配されてしまい、逆に身体が乗っ取られてしまい死んだ。

時は流れサスケがイタチと戦っている最中、スタミナが切れて大蛇丸の抑えが効かなくなったサスケの身体から姿を現し、八岐の術を見せた。
しかしイタチのスサノオに為す術無く破られ、十拳剣によって封印された。この時、自身が探しても見つけられなかった十拳剣をイタチが隠し持っていた事に驚いている。

第四次忍界大戦

第四次忍界大戦中にサスケがアンコの呪印とカブトの身体の一部を使い解邪法印をした事によって復活を果たす。
全てを知り自分で答えを出したいというサスケに「今のあなた悪くないわね」と心を打たれた大蛇丸は、歴代火影の穢土転生を承諾する。
うずまき一族の能面堂にある死神の面を付け己に死神を憑依させて腹を切り裂き、封印されていた自身の術と歴代火影達の魂の封印を解いて穢土転生をした。
歴代火影達から話を聞き、イタチの意志を無にさせないため忍連合に協力することを選んだサスケと共に加勢し、かつての同志である綱手を救ったり、師であったヒルゼンとの共闘を見せた。

強さ

幼い頃から天才忍者と呼ばれていた。伝説の三忍の1人であり、火影候補でもあった実力を持つ。他にも、三代目火影を倒し、四代目風影を暗殺して成り代わっていたり、カカシを眼力のみで気圧す、裏切り者を許さない暁も始末に手を焼いている、などその強さを表す描写は多い。
忍者とは忍術を扱う者、という考えを持っており、禁術を含めた全ての忍術を解き明かすことを目標としている。不老不死への執着は、一生の間に全ての術をマスターするのは無理、といった理由もある。
忍の神と称されていた初代火影・柱間からも「とんでもない忍を育てたな猿飛」と褒められている。
術が封印されている状態でも三忍の2人や四本目まで尾の出たナルトを相手に余裕を見せつつ戦っていた。

肉体改造

不老不死や完璧の体を手に入れるため、自身の体にも数々の改造を施している。改造に改造を重ねた末に本当の姿は無数の白蛇が結合してできた巨大な蛇になっている。
身体を乗っ取って死を回避する、自分の口から新たな自分の生み出して外傷を無かったことにする、体を切断されても体の蛇同士をつなげることによって元通りになるなど並外れた生命力・再生力を持っている。
体を蛇のように軟化させ首や胴体などを伸ばす事ができ、自来也が死にかけるほど怪力な綱手のパンチを何度食らっても物ともしない耐久力がある。
白ゼツを乗っ取ったことで身体のほとんどが柱間細胞でできている。そのため人格を縛っていない穢土転生の扉間の行動を制御できるほどのチャクラを持つ。

忍術

トビを縛る呪印
トビを縛る呪印術

禁術を含めたかなりの数の忍術に精通している。自身では長時間の变化の術、封印術、呪印術など高度な術を使用した。
口寄せの種類が豊富で小型から大型のものまで様々な蛇を口寄せしている。他にもマンダや羅生門や穢土転生などを見せている。
性質変化は五大性質変化に陰陽遁。特に風遁を得意としていた。白ゼツの身体を乗っ取った後は木遁を使用できるようになった。
草薙の剣を所持しており、剣術にも優れている。木ノ葉崩しの際には猿魔の如意棒を持ったヒルゼンと張り合った。また、草薙の剣は遠隔操作もできる。基本的に草薙の剣は自身の体内にある蛇の口の中にしまっている。

仙術

重吾の一族について研究していた頃、その力の源である龍地胴を発見する。そこで仙術を学ぶが仙人モードの会得には至らなかった模様。
しかし仙術チャクラの別の使い方として、重吾の体液から抽出した酵素と大蛇丸の仙術チャクラを混ぜた「呪印」を発明した。呪印を与えられるとその者の能力が強化されると共に大蛇丸の意識の一部が入り込む。

知識

ダンゾウと大蛇丸
ダンゾウと大蛇丸

根や暁などの闇組織に所属していた過去や研究データに加え、数々の大国から情報を得るパイプも持っており忍界きっての知識量を誇る。
数多くの血継限界の研究と実験を重ねており、重吾の仙人化や柱間細胞などは実用化に至っている。うちはと写輪眼への強い執着があったが、イタチもサスケも手中に収めることは叶わなかった。カカシの写輪眼に対しては「いい目をもっているわね。でもニセモノはいらない」と切り捨てている。