大筒木インドラ

2019年2月21日大筒木うちは, 万華鏡写輪眼, 大筒木

忍の祖と呼ばれる六道仙人・大筒木ハゴロモの息子であり、大筒木アシュラの兄。
忍術の発明者。うちは一族の創始者。
忍宗の跡継ぎを決める際、弟のアシュラが選ばれたことで弟と決別し、長きにわたる因縁が続くこととなった。
チャクラ体として何度も転生しアシュラと争い続け、転生者がうちはサスケの代となってようやく決着が着くこととなる。
転生者として明らかにされているのはうちはマダラとうちはサスケのみだが、黒ゼツの話によると、インドラアシュラの代から大筒木カグヤの復活まで千年以上経っていることと先代の転生者たちに何度もアプローチしていることがわかっている。

人物

少年時代

少年時代のインドラ
少年時代のインドラ

母親は弟のアシュラを産んだすぐ後に死んでいる。
子供時代は弟思いの優しい性格であり、忍宗の勉強も熱心にしていた。
父・ハゴロモのチャクラを強く受け継ぎ、忍宗の跡継ぎとして周囲からも期待されていた。
技の発生に手の型が関係していることに気付き、忍術を発明している。この時、武力として使われることになるかもしれない不安をハゴロモに打ち明けている。
この頃から、黒ゼツが姿を現すようになった。

写輪眼開眼

インドラの写輪眼
インドラの写輪眼

アシュラが巨大なイノシシに襲われた際に救っている。この事件で愛犬が死んだことで写輪眼を開眼した。
写輪眼を開眼してからは、黒ゼツの唆しもあり、力への執着が強くなっていった。インドラと他での能力に差が開き、忍宗の者では修行にならず1人で修行することが多くなった。
1人での時間が多くなるにつれ、絶対的な力を持つものが支配し規律を徹底させれば良いという考えも強くなっていった。

忍宗の跡継ぎ

ハゴロモはインドラとアシュラのどちらを忍宗の跡継ぎにするか決めるため、2人に試練を言い渡した。神樹に人々の栄養を吸われているが、神樹を切れば今度は水不足で困る…という問題を抱えた同じような村にそれぞれ行って解決してこいという試練であった。
インドラは個人の力ですぐに解決して戻ってきたが、ハゴロモはアシュラの帰りを待って結果を決める、とした。インドラも了承し、アシュラの帰りを待ちながら修行に励んだ。
一年後、アシュラは村人たちと共に帰ってきた。一年かけて村人たちと協力して水源を掘り当てて解決したのだ。
人と力を合わせて問題を解決したアシュラに忍宗の未来を見たハゴロモは、アシュラを忍宗の跡継ぎとした。
インドラはハゴロモの決定に反対したが、協力なくして得たものは脆いとハゴロモは諭した。インドラの行った村ではインドラが去った後、水の利権を争って村が壊滅状態になっていたのだ。インドラの反対が聞き入れられることはなかった。

アシュラとの戦い

老いたインドラ
床に伏すハゴロモの元に現れたインドラ

忍宗の跡継ぎにアシュラが選ばれた後、父と弟に対抗する力を得るため、「何があっても俺たちはインドラについていく」と言った友を2人殺して万華鏡写輪眼を開眼した。この時は泣きながら「すまない」と謝っている。
しかし六道仙人の力を受け継いだアシュラや一つになった皆の力の前にインドラは敗れた。その後、「俺はアシュラや忍宗を認めない」と吐き捨てて撤退した。
インドラとアシュラはそれからも幾度となく争った。
時は流れ、ハゴロモの死の床へ赴き「あなたの身勝手な思い違いが戦いと災いを生む。忍宗とアシュラとその一族を根絶やしにするまで俺の魂は何度でも蘇り戦い続ける。」と言い残して去った。

強さ

大筒木のチャクラと精神エネルギーを強く引き継いでおり、子供時代から忍宗の才を発揮していた。
アニメでは修行の際に優れた体術を見せている。写輪眼を開眼してからは見切り能力もあってか、並ぶものがいなくなる。結果、忍宗の者相手では修行にならないとして一人で修行するようになった。
黒ゼツを感知できる感知能力がある。

忍術

技の発動に手の型が関係していることに気付き、印と忍術を発明した。子供時代には分身と変わり身の術を使っている。
優れた手裏剣術とクナイさばきを見せている。

性質変化は火・雷・陰遁。
巨大なイノシシからアシュラを救う時に千鳥のような術を使い、一撃で葬った。
後年、アシュラとの戦いで完成体スサノオを剥がされた後、雷を身にまとい瞬身の術で撤退した。

写輪眼&万華鏡写輪眼

巨大なイノシシがアシュラを襲った事件の時、愛犬が死んでいる。この時インドラは写輪眼を開眼した。
この写輪眼によって見切り能力とチャクラの流れを見ることができるようになっている。修行の際、他の者がインドラの眼力によって体を硬直させる場面がある。

万華鏡写輪眼
インドラの万華鏡写輪眼

忍宗の跡継ぎにアシュラが選ばれた後、「何があってもインドラに付いていく」と言ったインドラの支持者2名を殺したことで万華鏡写輪眼を開眼した。
万華鏡を開眼した直後にアシュラと戦い、天照とスサノオと完成体スサノオを使っている。しかし六道の力を受け継ぎ、仲間のサポートもあって完成させたアシュラの真数千手によって敗れている。

ハゴロモの回想
後年のアシュラとの戦い

ハゴロモの回想では、後年、アシュラモード(六道仙人九喇嘛モード)のナルトに酷似した姿のアシュラと完成体スサノオで対峙している場面がある。