半蔵

雨隠れの里, 里長, 雨隠れ

半蔵のサムネイル

雨隠れの里の里長。
山椒魚の半蔵とも呼ばれ、忍世界に名を轟かせる伝説的な忍だったが、ペインに親族もろとも殺害された。

人物

幼少期

半蔵が子供の頃、里には猛毒を持つ黒山椒魚がいた。
その黒山椒魚の死後、毒人間を作ろうとしていた里はその黒山椒魚が持っていた毒袋を半蔵の左脇腹に埋め込んだ。
そうして半蔵は、毒への耐性を持ち、呼吸だけで周りの人間を毒にかけることができる毒人間となった。
普段時は周りに毒の影響が及ばないように、口呼吸とマスクの着用を余儀なくされた。

ミフネとの戦い

猛毒を持っていた半蔵はいつの頃からか忍世界で広く名が知られる事となり、半蔵の名を聞くだけで逃げ出す者が続出するほどの忍となった。
半蔵はある時、鉄の国の侍たちと戦っている。半蔵の名を聞いた侍たちは次々とその場から逃げたものの、ミフネだけはその場に残り半蔵と戦った。
戦いの末、半蔵に力及ばず毒の影響で地に倒れてもなお仲間を守ろうとするミフネに心を打たれた半蔵は、そのミフネの「信念」が折れることの無いものかを確かめるため、解毒薬を渡して救った。

第二次忍界大戦

第二次忍界大戦中に木ノ葉の部隊と戦っており、戦争の終結も近くなってきた頃、唯一生き延びた自来也・大蛇丸・綱手の3名に対し命の代わりに伝説の三忍と呼び称え、生かしておいた。
また、チヨバアとも幾度と無く戦っている。そのためチヨバアはイブセの毒に対する解毒薬を調合することができた。
半蔵はかつて五大国をまとめて忍世界に平和をもたらすことを目指していたが、果てしない戦いの末にその信念は薄れていき、自己の鍛錬をすることもなくなり、自分の主権を守ることに固執するようになっていった。

弥彦殺害

第三次忍界大戦中、半蔵は平和のために活動している暁という組織の存在を知った。
最初こそ自分が目指しているものと同じだと好意的に見ていたが、ある時、志村ダンゾウが半蔵の部下の死体を持ってやってきて、これは暁がやったものであることと暁はいつか半蔵を脅かす存在になることを告げられ、だんだんと暁への不信感が募っていった。
その末、ダンゾウと手を組んで暁のリーダーを殺害することに決め、まずは小南を誘拐した。
そして、弥彦と長門に三国への平和交渉役を頼むと持ちかけて誘い出し、小南を人質にして長門に弥彦を殺せと命じた。
弥彦が長門の持つクナイに突っ込んで自害した後、長門も殺そうとするが輪廻眼の力に圧倒され、瞬身の術で何とかその場から逃げた。

ペインに殺される半蔵
ペイン六道に殺される寸前

弥彦の殺害後、雨隠れの里では長門によって起こされた内戦が続いていた。
そんな中、半蔵は雨隠れの下忍を7名木ノ葉隠れの里で行われた中忍試験に参加させている。
しばらく後、半蔵及びその手下や親類はペイン六道によって殺害された。

第四次忍界大戦

穢土転生体の半蔵
穢土転生体の半蔵

第四次忍界大戦の暁側の戦力増強のため、薬師カブトによって穢土転生された。
中吉、君麻呂、チヨバアと共に、忍連合の奇襲部隊と対峙した。
その奇襲部隊によって前に捕獲されていたデイダラを皮肉る一面を見せつつ、イブセの毒で動けなくなった奇襲部隊の隊長であるカンクロウにとどめを刺そうとしたところ、ミフネに割って入られ妨害された。
一太刀交えたミフネから「あれほど強かったお主がなぜ死んだのかわかった」と言われ、死に際ペインにも同じような事を言われたのを思い出すが、自分にはそれがなぜなのかわからないままであった。
そしてミフネとの一騎打ちに負けた後、ミフネの信念を確かめるはずの自分が信念を捨てた鈍(なまくら)になっていたことに気付いた半蔵は、ミフネに信念を託し、折れた鎖鎌を使い切腹した。
この切腹で左脇腹の毒袋を破り自分に毒をかけて動けなくしたためカブトのコントロールは無効化され、そのまま忍連合に封印された。
封印のしばらく後、うちはイタチによって穢土転生が解術されたことで浄土に戻った。

強さ

半蔵の生きていた時代、その忍世界の中では最も強い忍の一人と認識されていた。
その強さのピーク時には、木ノ葉の部隊を相手に単騎で戦って壊滅させたどころか、逆に自来也・綱手・大蛇丸の3人に対し自分と戦いながらも木ノ葉の部隊の中で唯一生き延びたことを称え伝説の三忍という名を授けるなど、伝説的な強さを誇った。
月日が流れ、半蔵がペインに殺されていたという事実を知った自来也は驚きを顕にしている。
かつては和を志していたものの止むことの無い忍世界の戦いの中で疲れ果てて自己の保身を計るようになっていき、やがて信念を曲げ、己を磨く事を諦めるが、自身はその事に気付くこと無くペインに敗北し最期を迎えた。

毒袋

半蔵の毒
半蔵の持つ毒

雨隠れには猛毒を持つ黒山椒魚がおり、その黒山椒魚が死んだ際、半蔵は左脇腹にその黒山椒魚の毒袋を埋め込まれた。
このことで半蔵は毒への耐性が他よりも強くなっており、呼吸だけで相手に毒を与えることができるようにもなっている。
この毒をくらうと体が痺れ、2日以内に死に至る。
毒は仲間にも影響を与えかねないため、半蔵は常にガスマスクを着用していた。また、解毒薬も所持していたが、服用しても助かるという保証はない。
これらの強すぎる毒を持っていたことから、半蔵は「山椒魚の半蔵」と呼ばれ恐れられた。
ガスマスクを外して戦うことでより相手に毒を与えやすくなるが、万が一戦いの中で脇腹の毒袋が破られた場合、その強すぎる毒性のため耐性を持つ自身ですら毒の影響を受け、死にこそしないもののスキが生じる危険性があり、その危険性を回避するにはマスクを着用していなければならなかった。
そのため弱い相手の場合マスクを外して戦い早期に決着を着け、強い相手の場合は弱点である毒袋を狙われても大丈夫なようにマスクを着用したまま戦っていた。

体術・武器術

水の中では他に類を見ないほどのスピードを持っていた。
水の外でもかなりのスピードを持っており、瞬身の術を使用できた。そのスピードでもって、暁を策略に嵌めた際には長門の外道魔像による反撃から唯一逃れられた忍となった。
武器術にも長けており、戦いの際には鎖鎌を使用していた。もちろんこの鎖鎌にも山椒魚の毒を塗りつけてある。鎖鎌のみで相手を倒すことも多々あり、生前、腕利きの侍であったミフネを鎖鎌による一騎打ちで倒している。
しかし、後年は自己の保身ばかりに目がいきがちとなり、武器術も武器も鈍となっていった。
起爆札と火遁を組み合わせた起爆炎陣という術も使用しており、この術をくらった長門は自力では移動できない体となった。

イブセ

イブセと半蔵
イブセの頭の上に乗る半蔵

半蔵は口寄せの術を使用でき、イブセという巨大な山椒魚と口寄せ契約を結んでいる。
イブセも半蔵同様、毒を使用する。半蔵の命令で口から広範囲に毒霧を吐き、この毒をくらった者は数秒で体が痺れて動けなくなる。一度毒霧を吐いた後は、再度体内に毒が溜まるまでのインターバルが必要となる。
イブセは攻撃を躱すためや身を隠すために地中に潜ることができた。また、地中から奇襲をしかけることもでき、敵の足元から飛び出て敵を飲み込み、体内の毒で絶命させるという攻撃を見せている。
イブセとの共闘は若かりし頃の三忍を圧倒するほどの強さを誇る。